診療案内

うつ病

うつ病の人は最近増加しており、抑うつ気分と興味、または喜びの喪失が中心的な症状です。「仕事や家事などが以前のようにこなせない」、「考えがまとまらない」などの症状が見られます。また、軽症のうつ病の場合、他にはっきりした症状がなく不眠だけが目立った症状として現れることもあります。

セルフチェックシートはこちらからダウンロードしてください。

特に、目が覚めた時に、ひどく憂鬱な気分になったり、疲れやすく、休息をとってもなかなか軽快しないような場合には、うつ病が原因で不眠(睡眠障害)になっている可能性があります。

※PDF形式の文書をご覧いただくには、Adobe® Reader® プラグイン(無料)が必要です。
お持ちでない方はこちらから入手できます。

認知症

年をとると、名前が出てこないといった物忘れが出てくるものですが、場合によってはそのような正常な老化に伴う物忘れとはことなり、認知症による物忘れである場合もあります。脳の働きが徐々に低下することによって生じる物忘れです。普段の生活の中で物忘れが気になる、生活に支障が出ているなどということがあれば、お気軽にご相談ください。